なんだかすっきりしない日々にさようなら
  • HOME >
  • 花粉症となってしまって以来、乳酸菌を摂

花粉症となってしまって以来、乳酸菌を摂

花粉症となってしまって以来、乳酸菌を摂取するようになりました。一昨年から花粉症を発症してしまって、くしゃみと鼻水がでっぱなしです。


薬を服用するのは避けたかったので、テレビで取り上げていた乳酸菌サプリを使ってみました。現在の段階では、これで花粉症の症状が軽くなっています。

オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分として目を止める存在となっています。



オリゴ糖を投与された乳酸菌の働きはアクティブになり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、お腹、環境を良好にしてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖はどちらもお腹の機能増進や健康の維持にはなくてはならない成分ということができます。

乳児がインフルエンザになったら、重大なことにすすんでいきます。



まだ体力がしっかりしていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えられるかが不安ですし、インフルエンザで命が危ないことも考えられるでしょう。インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が正解かもしれません。



実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効くといわれています。1年くらい前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったという番組を見たことがあります。私の子供が受験生でしたので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。

腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが特に効くそうです。


インフルエンザに感染したことが判明すると学校に出席することが5日間できなくなります。

インフルエンザに感染したとしても、2、3日で発熱は治まるので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。


たとえ熱が下がっても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、他人にうつしてしまう危険性があります。


なので、お休み期間は守ることが感染を防ぐのに必要なことです。



元々、母はひどいアトピー持ちです。遺伝していたようで、私もアトピーを発症してしまいました。皮膚がボロボロになってしまって、毎日の保湿ケアが欠かせません。しっかりとスキンケアをしないと、外出も困難なのです。

母のせいではないですが、もしかして、子供にも遺伝するかもしれない思うと、怖くなってしまいます。



ところで、乳酸菌と聞いて思いつくのはカルピスですよね。


幼いころから、毎日味わっていました。

なぜかというと乳酸菌が含有されているからです。


お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。


そのわけで、私は便秘の経験がありません。
もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげでとても健康体になりました。私はアトピーに最適な化粧水を毎日使っています。友達からすすめられた化粧水は、私の大変ひどかったアトピーを想像以上にきれいに治してくれたのです。

毎朝鏡を見るのが、楽しみで仕方なくなりました。
顔を触る度にスベスベ素肌になったことを喜びに感じます。


乳酸菌が身体に良いということはよく知られている事実ですが、逆に効き目がないという説もあるんですね。この説も、本当かもしれません。
なぜかというと、体質には個人差があるほか、あくまでも乳酸菌は菌であって、絶対に、効果が期待できる薬ではないからです。とりあえず、自分に合うかどうか試した後で考えてみてください。子供のインフルエンザを防ぐための注射に受診しました。


注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射をしています。

予防接種の後は怖かったーと口にしていました。見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と想定しましたが、何も言うことができませんでした。

関連記事はコチラ

メニュー