なんだかすっきりしない日々にさようなら
  • HOME >
  • ツボで聞くことが多いのは、おえそから両側に指2本

ツボで聞くことが多いのは、おえそから両側に指2本

ツボで聞くことが多いのは、おえそから両側に指2本分くらい空けたところにある天枢(てんすう)というツボです。後、へそ下5cmくらいの場所にある腹結というツボにも同じように効果があると思います。


手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。色々なタイプの便秘によっても、効果を得ることができるツボが違うので、自分に合ったツボを押すことで改善できやすいでしょう。身体に乳酸菌が良いことは有名な事実ですが、一方で効き目のない説もあります。これも本当かもしれません。



その理由は、個人差があるほか、乳酸菌はあくまでも菌であり、効き目が出る薬ではないからです。自分に合うものかどうか試してから考えてください。娘のインフルエンザの予防注射に伺いました。


注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、6歳ながら、注射の針を視認してうたれています。予防接種が完了した後は怖かったーと話していました。

見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と想定しましたが、あまり話せませんでした。

気にする人もいますが、乳酸菌を多く摂りすぎても特にこれといった副作用はございません。ただそうではありますが、いくら体に良いからとは言ってもヨーグルトなどで多く摂りすぎると、カロリー過多になることがあります。


消化吸収できる量にも限りというものがあるので、ある程度の範囲内に限っておくと安全でしょう。ぱっと乳酸菌から思いつくのはカルピスかもしれません。
幼いころから、よく、飲ませてもらってました。

どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。


私に毎朝、お母さんが出してくれました。そのために、私は便秘を経験したことがありません。


きっと、カルピスを飲み続けていたのでとても健康体になりました。運動不足は筋肉の衰退に限らず、身体の不調も引き起こします。女性に多く見られる症状の一つは便秘状態です。他お手場、通勤時にエレベーターをやめて階段を使用したり、ランチの際に食物繊維が多い食べ物を選んだりするのが提案します。



できるのならば、便秘予防のためにも、週に1、2回は歩いたり、好きな運動をして体を動かすのがお勧めです。乳酸菌が身体や腸のために良いというのは誰でも理解できます。

しかし、乳酸菌は胃酸にやられるので、せっかく摂取しても胃でなくなって効果が出ないのではという考えを持つ人もいます。でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、それが身体の健康づくりに大変効果的です。

子供がアトピーだとわかったのは、2歳になったばかりの頃でした。
膝の裏にはかゆみもあると訴えたので、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、気をつけながら子供の様子に注意していたのですが、かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返し、なかなかその治療の効果がつづいてくれません。結局、ステロイド剤を漢方薬に変えて食事を見直してみたら、子供が小学生になる頃には、アトピーの症状は鎮静化しました。便秘になってしまっても、薬を飲めばいとも簡単に、なんとかできると思いますが、薬にばかりに頼ってしまうのはよくないので、まず、最初に食事を見直してみてください。例えば食物繊維が多く含まれた食品を摂取することがよくって、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。



野菜やきのこ類、海草類を多めに食べましょう。

ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは一緒ですが、ビフィズスは、さらに、酢酸などの殺菌力を持つ成分も作る働きがあるのだそうです。

ノロウィルスの対策に良いと考えられているのですね。



最近では、様々な感染症についての聞く機会も増えたので、、意識しながら摂るといいかもしれません。

関連記事はコチラ

メニュー