なんだかすっきりしない日々にさようなら
  • HOME >
  • インフルエンザにかかってしまったら、最初に栄養をし

インフルエンザにかかってしまったら、最初に栄養をし

インフルエンザにかかってしまったら、最初に栄養をしっかりと、摂るために食事を抜いてはなりません。薬も大切ですが、栄養補給も大切です。
一刻も早くインフルエンザを治すためにも、水と食事は抜かないようにしましょう。

食事がしたくなくても、消化吸収しやすく栄養満点なものをできるだけ摂るようにしてくださいね。インフルエンザに感染したことがわかると学校などへの出席が5日間禁止になります。インフルエンザに感染したとしても、発熱の症状は数日で治まるので、登校したいと思ってしまうかもしれません。


平熱に戻っても、堰やくしゃみなどにウィルスはまだ残っており、他人にうつる危険性があります。



ですから、出席停止の期間は家にいることが集団感染予防には必要なことです。
乳酸菌が身体や腸のために良いというのは周知の事実です。しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、せっかく摂取しても胃でなくなって効き目が出ないのではという疑いを持つひともいます。


しかし実際は乳酸器の生死は関係なく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、体の健康維持のために繋がっていくのです。私が便秘になったのはなぜかというと、日頃の運動が足りないせいでしょう。会社への毎日車で通勤しているので、歩いたり、運動したりもあまりありません。飼い犬などもいないので、散歩に行くようなこともないのです。そういう生活習慣のせいで、私は便秘なのだろうと思うのです。便秘改善のためにも、今日からウォーキングを行おうと思います。私の子供がアトピーであると診断されたのは、まだ2歳の頃でした。


かゆみがしょっちゅうあり、皮膚科からはステロイドを処方されたのでした。

2年のあいだ、ステロイドを治療に使い続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返し、まったく良くなってくれませんでした。
結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。便秘になってしまっても、薬を飲むことで簡単に、解消できると思いますが、薬頼みになるのはよくないので、やはりまず最初に食事を見直してみてください。特に食物繊維を豊富に含んだ食品を摂るのが効果的で、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。



後、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べましょう。


アトピー性皮膚炎を患っている方の角質層はとくkにセラミドという成分が正常なときよりも減っていて、お肌の水分保持力やお肌を守る機能が下がっています。ここを補って健康な状態に戻すには、保湿がかなり大事です。
そのために、お肌の表面を守って、水分が抜けないように保湿剤を塗ることが必要なのです。この間、インフルエンザに罹患してしまって病院に診てもらいに行きました。



潜伏期間はどのくらいなのか分かっているわけではないのですが、どこかインフルエンザの人と同じ場所にいて感染してしまったのだろうと思われます。3日間にわたって高熱が続いて辛い3日間でした。

インフルエンザは高い熱が続くので、いつもの風邪より大変ですね。
事実、アトピーで出る症状は大変にキツイ症状になります。暑い寒いを問わず1年中我慢しがたいかゆみとの格闘になります。夏はどうしても汗をかくのでかゆみが増し、冬は冬で乾燥のせいでかゆみが増します。そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、かゆみだけに留まらず腫れたり、酷い時には呼吸困難になる恐れもあります。

お腹が便でパンパンになってしまった事って産まれてから死ぬまでに必ず一度は誰もが体験したことがあるものだと思います。私もその一人で、最悪の場合は一週間お腹が張った状態のままなんてこともあります。便通を良くする薬もありますが、私はアレがあまり好きではないので、ごく自然に便秘を解消できるオリゴ糖で腸内環境を整えています。お通じの悩みを優しく改善してくれるのが安心ですね。

関連記事はコチラ

メニュー