なんだかすっきりしない日々にさようなら
  • HOME >
  • アトピーは乳酸菌を摂取することで、症

アトピーは乳酸菌を摂取することで、症

アトピーは乳酸菌を摂取することで、症状の改善に役立つ可能性があるのです。
アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEという抗体が出来る性質があります。


ただ、このIgEが多くの数発生してしまうと、過剰反応が発生してしまって、アレルギーを起こす結果になるのです。
これがアトピーの原因であるとされており、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。
いつ乳酸菌を摂れば良いのかですが、これと言った決まりはあるわけではありません。



どれくらいを、どのくらい摂るかは商品のパッケージに、どこかに記載があるはずなので、まずはそこから始めて下さい。



1日の摂取量を一度 でまとめて摂るよりは、効果が期待できます。



オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分として関心を持たれています。オリゴ糖を投与された乳酸菌の活動は活発になり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。


ですので、乳酸菌とオリゴ糖はいずれも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするには必須な成分であるといえます。

今、インフルエンザの感染がわかると学校などには、5日間出席できなくなります。

インフルエンザに感染した際でも、発熱の症状は数日で治まるので、登校したいと思ってしまうかもしれません。たとえ熱が下がっても、体内にウィルスはまだ残っており、他人にうつる危険性があります。

なので、お休み期間は守ることが集団感染を防ぐのに大切なことです。以前、私は便秘がとてもひどかったのですが、少しずつ治ってきています。
便秘改善に効果があった方法は、とにかく、ヨーグルトを食べるという対策でした。



この方法で、長年の便秘を改善したという話を知ってから、、私も真似してみようとヨーグルトを買いこんでとにかく食べることにしました。

この対策を実施しているうちに、だんだん良くなってきて、便秘で悩むこともなくなりました。乳酸菌シロタ株イコール、ヤクルトでしょう。
過去に白血病に罹患し、病気を克服した経験のある渡辺謙さんのCMをよく目にします。あざやかに白血病との闘病生活から帰還し、ハリウッドで引く手あまたのCMでの渡辺謙さんのお薦めをみていると、大きな効果が期待できそうな予感がします。



この間、インフルエンザにかかり内科を受診しました。潜伏期間は何日くらいあるのかはっきりしませんが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触してうつってしまったのだと思います。高い熱が3日続いていて苦しい思いをしました。

高い熱が続くインフルエンザは、通常の風邪より辛いですね。便秘にいい食べ物を毎食摂っています。
それはバナナと発酵乳の1種です。毎朝食しています。
食事するうちに、便秘がましになってきました。あのようにも頑固で、ひどかった便秘が解放されて、便秘薬を飲水することもなくなりました。



差し当たって ポッコリしていたお腹も、へこんできていて嬉しいです。
先天性のアトピー性皮膚炎を抱えており、小さい頃は、「親虐待を受けてるんじゃないか?」と疑われる程、痛ましい見た目でした。


様々な治療法をやっても、全く効果が得られなかったのに、家を引っ越したところ、信じられないくらい肌がキレイになり、我慢できない痒みもなくなりました。
思い切って住環境を変えるのも、アトピーに効くかもしれません。
乳酸菌サプリメントと言えば、やはりビオフェルミンです。
昔から知られていたサプリであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、変わることなく私のお腹を守ってくれていたのでした。
「人には人の乳酸菌」とCMで言われていますが、個人的に効果を期待できる乳酸菌サプリはビオフェルミンとなります。

関連記事はコチラ

メニュー