なんだかすっきりしない日々にさようなら
  • HOME >
  • 普段の運動量が足りないと筋肉が衰

普段の運動量が足りないと筋肉が衰

普段の運動量が足りないと筋肉が衰えるだけでなく、体調不良も引き起こします。中でも女性に多く症状が見られるのは便秘なのです。

運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、食事の時に食物繊維が多いものを増やしたりするのが良い方法です。後、可能なら、便秘にならないようにするため、、週に1、2回は歩いたり、自分好みの運動をして体を動かした方がいいです。
赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、最も大変なことに達します。


まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくことも可能性が有るでしょう。インフルエンザが蔓延している時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が正しいかもしれません。乳酸菌がお腹や体の健康に良いのは誰でも理解できます。



ですが、乳酸菌は胃酸で弱るので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効果はあまり期待できないのではという予想の人もいます。実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく食べるだけで腸の免疫機能をアップさせて、体の健康維持のためになってくれるのです。



以前、私は便秘がとてもひどかったのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。効果があった方法は、ヨーグルトを食べるようにしたことでした。
この方法で、長年の便秘を改善したという話を知ってから、、私もやってみようと思ってヨーグルトを買いこんで毎日食べるようにしたのです。



毎日食べているうちに、だんだん治ってきて、便秘の苦しみから解放されました。インフルエンザをあらかじめ防ぐために乳酸菌が効果的だといわれています。

1年程度前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したという番組を見たことがあります。うちの娘が受験を控えておりましたので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。
特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが特に効果があるそうです。

あなたがインフルエンザと診断されてしまったら、最初に栄養だけでもしっかりと摂るために食事をしなくてはいけません。

薬も大切ですが、栄養を体内に補給することも大事です。早急にインフルエンザを治すためにも、水と食事は抜かないようにしましょう。朝昼晩と食欲がわかなくても、消化吸収しやすく栄養満点なものを可能な限り食べてください。通常、便秘に効く食事は、水分、食物繊維、乳酸菌を内部にもつ 、発酵食材などです。


大変な便秘の方は、便が強固で腸内に停滞した状態になってしまいがちです。この状態を改善して、うんちを出やすくするため、真っ先に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。私が便秘になったのはなぜかというと、運動不足のせいなのでしょう。


毎日の通勤手段も車なので、歩く事もめったにありません。
犬を飼っているわけでもないので、散歩に行くこともありません。そういった理由で、私は便秘なのでしょう。

でも便秘を少しでも軽くするため、ウォーキングを今日から始めることにしました。



アトピーは乳酸菌を積極的に摂ることで、よくなるかもといわれています。アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEという抗体が出来る性質があります。

そしてこのIgEという抗体がたくさんの数作られてしまうと、過剰反応を起こしてしまうことにより、アレルギーを発生させることになるのです。これがアトピーの原因だとされているのですが、乳酸菌には大量にIgEが発生することを阻む働きがあるとされています。私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、何てったってビオフェルミンです。
まだまだ子供だった頃から知られていたサプリであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、変わることなく私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。
CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、ビオフェルミンです。


関連記事はコチラ

メニュー