なんだかすっきりしない日々にさようなら
  • HOME >
  • 夜中に熱が上がって、40℃を超えるほど上がって体調

夜中に熱が上がって、40℃を超えるほど上がって体調

夜中に熱が上がって、40℃を超えるほど上がって体調が悪化したので、翌日病院で診察してもらいました。

結果、インフルエンザの検査が受けられますよとすすめられました。



私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、それにあったお薬を選んでもらえるので、確認したいと考えました。

便秘にいい食べ物を毎食摂っています。どういうものかといえば、バナナとヨーグルトでなんですね。
出来る限りですが、毎朝、頂いています。


頂いている間に、なんか便秘が良い状態になってきました。


とにかくひどかった、便秘が治って便秘薬を飲むことも終えました。

現時点でポッコリしていたお腹も、へっこんできていて続けてよかったと思いますそもそも、インフルエンザは風邪と異質なもの耳にします。その症状は、1日から5日程度の潜伏期間を経過して、急な高熱となり、その状態が3日から7日続きます。



タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状に少しのが見られます。しかし、肺炎をおこしたり、加えて脳炎や心不全を起こす事もあり、甘くは見ることはできない感染症です。毎日摂取している乳酸菌のおかげで、私はすこぶる健康になりました。

朝起きたら毎日欠かさず、ヨーグルトを摂取していくよう心がけています。

ヨーグルトは工夫次第でいろいろと味を楽しめますし、便秘になることなく過ごせます。

乳酸菌を摂取するようになってから、肌の調子も良くなってきて、体重も減ったのでした。


乳酸菌サプリメントと言えば、やっぱりビオフェルミンなのです。
まだまだ子供だった頃から存在していたサプリであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、いつだって私のお腹を労わり続けてくれました。

CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、私には効果が得られる乳酸菌サプリとは、まずはビオフェルミンなのです。
便秘解消に役立つものといわれているのが、乳酸菌が入ったサプリです。



腸内環境を整えることの大事さはわかっていても、ヨーグルトや乳酸菌飲料が好きではないという人も多いです。

それに、毎日のように乳酸菌が含まれる食品を食べ続けるのは大変です。それが、乳酸菌が含まれたサプリメントなら、お手軽にちゃんと吸収することができますので、便秘解消につながります、1歳から5歳くらいの幼児がインフルエンザというものに感染し、発熱を起こした後、急速に痙攣や意識障害、異常行動等の症状が現われるのがインフルエンザ脳症といったものです。
インフルエンザ脳症は、生命にも関わる深刻な疾患であり、治った後に後遺症が残ってしまう場合もありうるのです。ちょっと前に、インフルエンザにかかってしまってクリニックに行きました。潜伏期間はどのくらいなのか分かっているわけではないのですが、インフルエンザ罹患中の人とどこかで一緒になって感染したのだろうなと考えられます。



高熱が3日間も続いて苦しい思いをしました。インフルエンザは高い熱が出続けるので、普段ひく風邪より苦しい思いをしますね。

アトピーの治療に用いられる薬は、年々高い効き目を得られるようになっています。
当然のことですが、必ず医師の指導の下できちんと使用するということが肝要です。
もし、違う治療や薬剤を試したい時には、医師、薬剤師の意見を聞くか、セカンドオピニオンを参考にするといいでしょう。自分勝手な判断は好ましいことではありません。

赤ちゃんがインフルエンザに感染したら、はなはだ大変なことに達します。

まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えうるのかが案じられますし、インフルエンザで亡くなることも無きにしも非ずでしょう。



インフルエンザが蔓延している時には、連れて出ない方が正しいかもしれません。

関連記事はコチラ

メニュー